海外留学

海外の留学先に持って行くならコレ!激選日本のおすすめお土産12選

更新日:

海外留学をしたりホームステイをしたり、お土産を持って行く機会は多いと思います。でも正直お土産選びって迷いますよね?今回はMojaが厳選したおすすめの日本のお土産と選び方を紹介したいと思います。

お土産は必要?

どちらとも言えませんが、お土産を持っていったほうが好ましいです。たとえ要らなかった場合でも、礼儀的に好ましいことですし、お土産を持っていくだけで話のネタになります。唯でさえ日本から来たばっかりでコミュニケーションを取れない時に少ない話のタネが国際交流に繋がります。

お土産の費用は?

コレも深く考える必要はありませんが、あまり高すぎると相手も気後れしてしまうのでほどほどの値段でプレゼントしやすいものにしましょう。それこそ100均一の物でも構いません。

もらって嬉しい留学先に持っていく日本のお土産

洋菓子


実はカステラやバームクーヘンなどの海外でも馴染みのある物がウケたりします。見た目も馴染み深いものなので食べやすいですし日本でどのような味付けになっているかもみなさん興味があるようです。

和菓子


日本的なお菓子のおまんじゅうや羊羹、落雁など日本の和菓子は甘いけどヘルシーなので外国でも人気があります。ただあまりにも賞味期限が早いものには注意しましょう。

日本のお菓子



日本で普通にスーパーで売られているお菓子も喜ばれます。外国にもあるキットカットの抹茶味や日本限定フレーバーなど日本限定の物が良いです。ハイチュウなども外国展開していたりアメリカではメジャーリーガーの人も食べたりしています。以外と日本のポテトチップスも色々な味が人気です。僕は暴君ハバネロをプレゼントしたのですがものすごく喜ばれました。

また、ねるねるねるねなど食べれて遊べるお菓子も珍しがられて喜ばれます。

緑茶

日本では普通に飲まれている緑茶ですが海外でもヘルシーな飲み物として大人気です。ただ質は日本のものよりも劣るので日本の普通の緑茶を持って行くだけで喜ばれます。

ラーメン


今やラーメンは世界でも大人気です。一風堂や一蘭が世界展開しているのがその証拠です。海外でラーメンを買ってみるとわかりますが質の低さにびっくりします。自分の地元のご当地ラーメンを持っていっても話のネタになりますし、少しお高めの物を買って振る舞うのも良いと思います。

お酒


日本のお酒は海外ではSakeと呼ばれており密かに人気になっています。ビールも海外のものと味が違うため珍しがられます。瓶も綺麗なものが多くインテリアとしても使われたりもするようです。ただ渡す相手がお酒を飲むか、宗教上の理由もあるため注意が必要です。

レトルト、インスタント食品


牛丼や親子丼など日本色食は世界でも大人気です。レトルト食品であれば日持ちもするので相手に気を使わせずにすみます。おつまみの缶詰なども珍しがられていいかもしれないですね?あとはインスタントの味噌汁やスープなど、特に味噌汁は海外でも人気ですし、海外の人が見よう見まねで作るものとは味が雲泥の差なのでおすすめです。

調味料


醤油やみりん、わさびなど基本的な物は海外でも手に入りますが、柚子胡椒や七味唐辛子、わさびマヨネーズなど少しマニアックなものは手に入りにくいです。ただ使いずらいものは避けて野菜にかけるだけで味わえるなどシンプルなものが良い気がします。
ふりかけもパスタに混ぜたりサラダにかけたりと本来の使い方と違いますがとても使い方にバリエーションがあるのでおすすめです。

文房具


流石にボールペンや基本的な文房具は売っていますが、和柄のものなどはもちろん売っていません。基本的に文房具はあっても困らないので良いかもしれないですね。

日本風のもの

箸や箸置き、風呂敷や扇子など日本的なものは鉄板です。もし使わなかったとしてもインテリアにすることもできます。折り紙を買って一緒にしても話のネタになります。ただあまりのも使い方がわからないものはちゃんと使い方を説明するなど注意が必要です。

カイロ


意外なものですが海外には売っていないので、とても珍しがられます。ただ寒い国に行く時限定ですね。

ポケモン、キティちゃんグッズ


ポケモン、キティちゃんといえば海外でも知らない人がいないくらい大人気です。特に小さい子供がいる家に行く時には大人気です。

お土産の注意点


基本的には何を持っていっても大丈夫ですが少し注意することがあります。

賞味期限

あまりにも賞味期限が短いものや生物は避けてください。腐ってしまっては元も子もないです。

その国に持ち込めるのか

アメリカやカナダ、など複数の国は肉製品の持ち込みを完全に不可となっています。肉の加工食品はもちろんのこと〇〇肉エキスなどの調味料類も持ち込み不可なので気をつけてください。(バレることはあまりないのですが、もし見つかると没収されるので注意してください。)
アルコール類も規定の量をオーバーすると没収、または追加料金を支払わなくてはいけなくなるので注意が必要です。

宗教の関係

海外では日本とは違い宗教にはすごく敏感です。あまりに宗教的すぎる仏像はもちろんですが、お酒が飲めない宗教や豚肉が食べられない宗教、中にはお肉自体がNGな場合もあるので下調べをすると良いかもしれないです。

まとめ

いかがでしょうか?いろいろ種類がありますよね、でもお土産は簡単に言ってしまえば自分の気持ちです。あまり考えすぎずに自分が本当にプレゼントしたいものをあげるのが1番だと思います。少しでもお土産選びの手助けになれたら幸いです!

-海外留学

Copyright© もじゃの海外放浪記 , 2019 All Rights Reserved.