まとめ

【奨学金】予約採用の申込みで青い封筒やマイナンバー提出書を紛失・提出が遅れた場合の対処法を解説

投稿日:

奨学金の申込みでは様々な書類を提出します。多くの書類を揃えて提出する必要があるので、提出時のトラブルが発生しやすくなっています。

その中でもマイナンバーは法律で取り扱いが厳しく制限されているため、提出時には特に注意が必要な書類となります。

「マイナンバー提出用の青い封筒や書類が失くなってしまった。」

「マイナンバーの提出を忘れてしまった。」

今回の記事ではこのようなケース毎の対策をご紹介していきます。マイナンバーの提出で悩んでいることがあれば、ぜひご確認ください。

奨学金の申込みで利用するマイナンバー提出用の青い封筒や提出書について

青い封筒について 2018年以降、奨学金を申込みを行う際にマイナンバーの提出が必要になりました。奨学金の申込み時にマイナンバーを提出することによって、2017年以前まで提出が必要とされていた課税証明書や生活保護受給証明書などの一部書類の提出が不要となります。

マイナンバーの提出に関する書類は、在籍する学校で配布されます。奨学金の申込みの手引きという冊子等と一緒に配布される書類の中に、マイナンバー提出用の青い封筒マイナンバーのコピーを貼り付けて提出する提出書が入っています。

申込みの手引きにマイナンバーの提出方法が記載されています。マイナンバーは提出の仕方を間違えると受け付けてもらえません。ルール通りに提出書への記載と青い封筒でJASSOへの郵送を行いましょう。

マイナンバーの取り扱いは法律で厳しく制限されているので指示通りに提出しないと受け取ってもらえない

マイナンバーには数多くの個人情報が紐付いています。マイナンバーを提出することで住民票や課税証明書など、提出を省略できる書類が多くあります。マイナンバーはうまく利用することができれば、様々な手続きの手間を減らすことができます。

一方で、マイナンバーを使うことで多くの個人情報にアクセスすることが可能となるため、個人情報保護の観点からマイナンバー法という法律が制定されました。このマイナンバー法ではマイナンバーの取り扱いを厳しく制限しており、JASSOは他の書類とマイナンバーの提出方法を異なる形で定めています。

「マイナンバーだけ、青い封筒で提出することは面倒臭いな…」と思うかもしれません。しかし、マイナンバー法で定められた条件を満たさない状態でマイナンバーの取り扱いを行うと違法となります。必ずJASSOの指示通りにマイナンバーを青い封筒と提出書を用いて提出するようにしましょう。

マイナンバーの青い封筒や提出書は学校の担当者に渡してはいけない

青い封筒の提出について奨学金の申込みは在籍する学校を通して行われます。そのため、ほぼ全ての提出書類は学校の担当者に渡します。しかし、マイナンバーの青い封筒や提出書は学校の担当者が受け取ることができません

必ず自分で必要事項を記入した提出書を青い封筒に入れてJASSOへ郵送しましょう。

封筒の色は採用時期によって異なる。

封筒の色は採用時期によって異なります。

予約採用:青い封筒

在学採用:緑の封筒

奨学金は予約採用による採用が最も多いので、この記事では青い封筒でご説明してきます。在学採用の場合は、青い封筒を緑の封筒と読み替えてください。

奨学金に申込む時に青い封筒や提出書を紛失した場合は必ず取り寄せよう

奨学金の申込みでマイナンバーを提出する場合は、必ずJASSOが指定しているものを利用しましょう。JASSOが指定している青い封筒や提出書以外で、マイナンバーを提出することはできません。

マイナンバーを提出する住所は青い封筒のみに記載されています。他の書類などには記載されていないため、青い封筒を紛失した場合は取り寄せる必要があります。

問い合わせを行う際は、下部に記載しているJASSOのマイナンバー提出専用のコールセンターに連絡しましょう。また、青い封筒以外の封筒に提出先の住所を書いて送っても受け付けてもらえないのでご注意ください。

また、提出書には奨学金の申込みで必要な申込者のIDが書いてあります。JASSOが確認する際にあなたの情報と一致していないと、マイナンバーをJASSOが受け取ることができません。提出書を紛失した場合も、青い封筒の紛失時と同じように必ずJASSOから取り寄せるようにしましょう。提出書もマイナンバー専用コールセンターに問い合わせることで、取り寄せることができます。

JASSO マイナンバー提出の専用コールセンター
0570-001-237
(平日9時~18時・通話料あり)

スカラネットでの奨学金申込後にマイナンバーの青い封筒を送っていない場合は速やかに送ろう

青い封筒の遅れについて奨学金はスカラネットで申込みを行います。スカラネット で申込みをしてから、1週間以内にマイナンバーを青い封筒でJASSOへ郵送する必要があります。

青い封筒の郵送を忘れてしまった場合は速やかに郵送してください。また、念の為、JASSOのマイナンバー専用コールセンターへ郵送が遅れたことを伝えておきましょう。

提出期限までに青い封筒でマイナンバーを提出しないとJASSOから連絡がくる

マイナンバーは提出期限(スカラネットでの申込後1週間以内)までに提出書を青い封筒に入れて郵送する必要があります。現時点では提出期限を過ぎてしまった場合、JASSOから申込者へ連絡が入るようになっています。

しかし、奨学金の申込み時に提出が必要な書類の多くは、提出期限が過ぎると申込みを受理してもらえない受付してもらえません。現時点では、マイナンバーの提出が遅れても、JASSOからの問い合わせ後に対応すると奨学金の申込みを受け付けてもらえるようになっています。しかし、今後、マイナンバー提出が遅れたことで申込みが受理されないという形に変わる可能性も考えられます。

そのため、マイナンバーを提出する際は、スカラネットで奨学金の申し込みをしたら、早めに青い封筒で郵送するようにしましょう。

奨学金の申込み時にマイナンバーを提出したくない場合は?

2018年以降、奨学金の申込みではマイナンバーの提出が必要となりました。しかし、様々な事情から「マイナンバーを提出したくない」という方もいると思います。

その場合は、JASSOのマイナンバー提出の専用コールセンター(0570-001-237)に問い合わせを行いましょう。マイナンバーを提出したくない、もしくはできない理由によっては他の書類を提出することで、マイナンバーの提出が不要になる可能性があります。

基本的に、奨学金を申し込む時はマイナンバーの提出が必要です。しかし、どうしてもマイナンバーを提出したくない・できない場合は、必ず自分でJASSOへの問い合わせを行いましょう。

奨学金の申込みではJASSOから指定された青い封筒とマイナンバー提出書を必ず提出しよう!

青い封筒まとめ奨学金の申込みでマイナンバーを提出する時は、JASSOが用意した青い封筒と提出書を必ず利用して提出するようにしましょう。マイナンバーの取り扱いは、マイナンバー法の関係で細かくルールが決められています。

そのため、決められた方法以外ではJASSOがマイナンバーを受け取ることができないので、提出する時は定められた方法で提出しましょう。

また、青い封筒や提出書の紛失・郵送の遅れに気づいた場合は、速やかに専用コールセンターに問い合わせを行って対応してください。

「マイナンバーの提出ができず、奨学金の申込みができなかった」ということもあり得るので、マイナンバー提出には注意しましょう。

-まとめ

Copyright© MOJAMOJA , 2019 All Rights Reserved.