美容情報

【2019年のヘアトレンド】グロスカラーについて世界で一番詳しくまとめました

投稿日:

2019年のヘアカラートレンド”グロスカラー”。

インスタグラムやツイッターなどのSNSでオシャレさんの間でも取り上げられるようになってきて話題になっています。

東京のオシャレサロンでも導入しているところが多いです。

でもしっかりした情報が入って来ないのに試すのって怖いですよね・・・

「話題になっているけどちょっと怖いから試せない」

って方も多いのではないでしょうか?

美容師としてそんな方の不安を取り除いてあげたい!

今回はそんなグロスカラーについて世界で一番詳しくまとめます。

  • グロスカラーって何?
  • どんな色でどんな人にオススメ?
  • 何か注意したほうがいいことってある?

って方は要チェック。ではご紹介していきます。

グロスカラーとは何?

グロスカラーという色があるわけではなく

グロス=艶

という意味で今までのカラーよりも艶のあるカラーの名称として使われています。
ここ最近のトレンドが外国人風の明るい色だったので
明るく透明感はあるけど、パサついて傷んで見えてしまうというデメリットをカバーする色として

艶があり、ダメージがカバーできる色としてグロスカラーがトレンド入りしています。

グロスカラーを売り出しているメーカーは今のところ2種類

  • 【デミコスメティクス】Le POLISSAGE(ル ポリサージュ)
  • 【ナンバースリー】 Gloss(ヒュウ グロス)

従来はアルカリ性のカラーを使っていましたが、この2種類は極微アルカリ~弱酸性の領域のカラーでより髪へのダメージが少なく、より色味の深い艶のある髪に仕上げてくれます。

グロスカラーのメリット

  • 艶がでる
  • 極微アルカリ~弱酸性なのでダメージレス
  • 毛髪、頭皮保護をしてくれる
  • 色が濁りにくく発色がいい
  • アッシュ系の色に強い

などのメリットがあります。アルカリ成分が限りなく少ないので、ダメージが少なく、新しい発色の良い染料が使われているので色が濁りにくくより鮮やかに発色してくれる特徴があります。

特にアッシュ系のカラーの発色が良いので黄味やオレンジ味をカバーしてくれて退色した際もグレー味を出しながら抜けてくれます。

また、髪の毛の保護成分や頭皮保護成分が配合されているので、カラーによる髪、頭皮のダメージを補修してくれます。

グロスカラーのデメリット

  • 明るくできない
  • 値段が高い

アルカリ成分が無いため髪を明るくすることができません。なのである程度明るい髪にカラーをすることが前提になっています。暗い色からグロスカラーをする際は一度普通のカラーで明るくしてからグロスカラーをすることになります。

メーカーのページを見ると9レベル以上の明るさが推奨されていました。

また普通のカラーとは違う薬を使用しており、2剤も特殊な物を使っているのでどうしても値段が高くなってしまいます。

ですがダメージレスで艶のある綺麗な色味が楽しむことができるのはすごい魅力的ですね。

イルミナカラーとグロスカラーの違い

発色のいい色といえばイルミナカラーが人気です。

グロスカラーもイルミナカラーどう違うの?ってなってしまいます。大きな違いとしては

イルミナカラー=明るくできる
グロスカラー=明るくできない

です。イルミナカラーは明るくできる分ダメージが大きいですが、
グロスカラーは明るくできない分、ダメージが少ないです

イルミナカラーはダメージが少ないと言われていますが、実はハイダメージ。
ベースの色を通常よりも明るくして濃いめの色をいるのであの透明感のある色になります。

透明感のある艶髪が○グロスカラーがオススメの人

グロスカラーがオススメの人は

  1. すでに明るめのカラーをしている人(9レベル以上)
  2. 髪がパサつきやすい人
  3. パーマや縮毛矯正をしている人

です。では詳しく説明していきます。

すでに明るめのカラーをしている人(9レベル以上)

すでにカラーをしている方、明るめのカラーをしている方ならグロスカラーは相性抜群

特にハイライトで明るくしている方は透明感のある鮮やかな髪に仕上がります。

カラーを暗くせずに透明感のある艶髪にすることができます。

このようなアッシュや

Le POLISSAGE(ル ポリサージュ)公式ページより

このようなバイオレットなど

Le POLISSAGE(ル ポリサージュ)公式ページより

明るいのに黄味のない透明感のある色を楽しむことができます。

また色が落ちてきてもグレージュのような色になってくれるので、色が落ちた時に出る嫌な黄味やオレンジ味が出ないのも特徴です。

髪がパサつきやすい人

髪がパサつきやすい人もグロスカラーとの相性は抜群。

髪を補修する成分がカラー剤に配合されており、髪をいたわりながら染めることができます。
またキューティクルをコーティングしてくれるので艶のあるパサつきのない髪に染めることができます。

このように明るめのベージュでもパサついて見えずに艶を出してくれます。

パーマや縮毛矯正をしている人

パーマや縮毛矯正をしているとどうしても髪は乾燥してパサつきやすくなってしまいます。ですが、グロスカラーなら艶を出して染めてくれます。

特にデジタルパーマ、縮毛矯正など熱処理されたパーマをかけている方は髪がタンパク変性を起こしてカラーが濁って暗くなりやすいのですが、グロスカラーなら透明感のある鮮やかな髪に仕上がります

グロスカラーがオススメできない人

オススメできない人は

暗い髪を明るくしたい人。

グロスカラーには髪を明るくする成分は配合されていないので、まず髪を9レベルくらいに明るくしてからグロスカラーで染める必要があります。

ただし一度明るくしてしまえば根元をリタッチして、毛先をグロスカラーで染めることができます。
ハイライトとも相性抜群です。

グロスカラーのオススメグッズ

オススメのアイテムをご紹介します。
髪をより綺麗に保ち色持ちをよくする物を選んでみたのでチェックして見てください。

カラーケア、ダメージケアがしっかりできるラサーナプレミオール

値段 21日のトライアルセット1980円
香り アロマティックフローラルの香り

楽天ヘアケアランキングで一位を獲得したこともある人気のシャンプーです。

3植物由来のアミノ酸成分をブレンドしダメージした髪を優しく洗い上げます。

Wトリートメント処方で髪の内側、外側からしっかりと補修。特に毛髪浸透型コラーゲンが髪をしっとりとさせてグロスカラーをした髪をよりツヤツヤに仕上げてくれます。

植物性オイルが、髪の油分コントロールもしてくれるのでカラーした髪によく、髪の栄養成分、保湿成分もたっぷり配合されているのでブリーチをした明るい髪でもしっとりとまとまる髪に仕上げてくれます。

グロスカラーと併用することでより艶のあるオシャレ髪を手に入れることができます。

もともとくせ毛を収める効果があるほどしっとりとして保湿力があるシャンプーです。ハリコシ成分も配合されているので、ハイダメージ毛やエイジング毛にも効果を発揮します。

トライアルセットがあってシャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントが入って1980円なのでお試しで使ってみてもいいですね。

パサつきやすい髪をしっかりと補修イオ セラムマスク

created by Rinker
LebeL(ルベル)
¥1,707 (2019/01/19 17:06:21時点 Amazon調べ-詳細)
値段 170g 3456円
香り フローラルグリーンの香り

ダメージした髪をしっかりと補修してくれるヘアマスクです。
イオ セラムマスクはハイダメージヘアに対応しており、傷んだ髪を補修、潤いのある艶髪に仕上げてくれます。

髪を守ってスタイリング剤にも使えるN.ポリッシュオイル

created by Rinker
ナプラ
¥2,670 (2019/01/19 17:06:21時点 Amazon調べ-詳細)
値段 150ml 3200円
香り マンダリンオレンジ&ベルガモット

SNSでも大人気の洗い流さないトリートメントです。もう知らない方はいないかもしれないですね。
天然由来の成分とシアバターで作られたオイルは髪のパサつきを抑え艶を出してくれます。
グロスカラーと併用するとよりツヤ感がUPです。

髪がしっかりとまとまるのでスタイリング剤としても使うことができ幅広い用途でオシャレ度がぐっと上がります。

ふわっと弾むツヤ感ジュミールフラン gross

created by Rinker
ミルボン(MILBON)
¥1,036 (2019/01/19 17:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
値段 60g 1728円
香り ピオニーの香り

ミルボンの忙しくてもキレイでいたい女性を応援するスタイリング剤です。

カラーをする方って髪を巻く方が多いですよね。巻くとより鮮やかになますが髪がパサついて見えるのが難点・・・

そんな悩みを解決してくれるのがこのスタイリング剤。保湿成分とオイルが髪に広がりコーティング。ツヤ感を出してくれてふわっとした弾むカールを夜までキープしてくれます。

歩く瞬間ぜさえも魅力的に見せてくれる。ナチュラルな愛らしさを演出すしてくれます。

女性らしいピオニーの香りも魅力的です。

グロスカラーの注意点

最新のカラートレンドなのでまだ全国的に広まっていません。注意しておかないとせっかく染めたのに全然違うと後悔することになってしまうのでしっかりと確認しておきましょう。

グロスは艶を意味する言葉、言ってしまえば艶のでるカラーを使っていればグロスカラーと名乗ることができてしまいます。

お店によって様々

  • マニキュアをする
  • アルカリカラーにトリートメントを使う

などお店によって違う場合があります。悲しいですが中にはグロスカラーといって通常のアルカリカラーを使って値段だけ上げるお店も存在します

しっかりお店に行く前にグロスカラーとはどんな内容でどんなことをするか、どんなお薬を使っているか確認して美容院に行くようにしましょう。

またグロスカラーは髪を明るくする効果はないので、先に髪を明るくしてからグロスカラーをする必要があります。しっかりと美容師さんにイメージを伝えてカウンセリングしてからカラーをするようにしましょう。

まとめ

従来のカラーに比べてダメージが少なく、艶がくれるのがグロスカラーの特徴。色落ちも綺麗なので、染めてから落ちていく色も楽しむことができます。
特に外国人風カラーやハイライトをいれている人とは相性がいいです。

ぜひチャレンジしてみてオシャレ女子を目指しましょう!

-美容情報

Copyright© もじゃの海外放浪記 , 2019 All Rights Reserved.