シカゴ観光

シカゴに着いたら飲みたい!!おすすめビール5選

更新日:

実はシカゴって、すごくビールが有名な街って知っていましたか?

ビールの醸造場だけで大小様々ですが200以上あると言われています

アメリカ広しといえどシカゴほどビールが作られている都市って少ないと思います。

 

アメリカ前オバマ大統領もシカゴ出身でシカゴのビールを愛飲していました

でもたくさん種類がありすぎてどれを飲んだらいいかわからない??

安心してください!

今回は選りに選りすぐったシカゴで作られたビール、おすすめ5選を紹介したいと思います。

激選、シカゴのオススメビール5選

1 312 Urban Wheat Ale

シカゴのビールといえばまずこれ!Goose Island 312

グースと言う鳥がトレードマークとなります。

Goose Island は色々な種類がありますが、これが一番スタンダードで人気なものになるかと思います。

味はホワイトエールなので、日本にあるビールに味も近く、さっぱりとしていて飲みやすく、どんな料理にも合うと思います。

アルコール度数も4.2%なので強すぎず何杯でも飲めてしまいます。

飲み過ぎ注意!

 

 

2 Goose Island IPA

続いてまたもや同じブランドからGoose Island IPA

こちら312 Urban Wheat Aleも と並んで人気なものとなっています。

日本にはあまり出回っていないIPAと言って少し苦めのどっしりとした味のビールでフルーティーな香りとしっかりとしたホップの苦味が特徴的

味が濃い目の料理や油っこい料理にも負けないしっかりとした味です。

アルコール度数は5.9%と少し強めなのでたくさん飲みすぎないように注意して下さい。

日本にはない苦味の強いビールなので好き嫌いは分かれますが是非お試しあれ

 

 

3 Anti-Hero

少し変わった名前のビール、パッケージも少し変わっていますね、ちなみに会社の名前もRevolution と変わってきます

何種類もの麦をブレンドしたフルーティでフローラルな強い香りとアンチヒーローの名にふさわしいキリッとした苦味が特徴のIPAとなっています。

アルコール度数は6.5度と高めとなっています。

苦い味に似合わないフルーティーな香りなのでついつい飲みすぎてしまうこと間違いなし。

4 Daisy Cutter

デイジーの花が印象に残るパッケージ、こんな見た目ですがちゃんとビールです。

香りはビールらしいポップの香りとフルーティーな香りが混ざっており

味はペールエールで爽やかで飲みやすくどちらかといえばラガービールとペールエールの間の味がします。

薄い味の軽いビールに慣れた日本人にはこのビールはとても飲みやすいです。

度数も5.2%と日本の慣れ親しんだビールに近いのでアルコールの強さもあまり感じないでしょう。

5 Ninja vs. Unicorn

変わった名前のビールです。パッケージも他のものとは全く違っていますね。忍者とユニコーン、派手ですよね。

味はダブルIPAと言って同じく苦味のある味なのですが、

アルコールが普通のIPAと違い標準値の7倍以上あります。アルコール度数が高いということです、8%あります。

通常のビールの約1.5倍の強さがあるので飲み過ぎ注意です。

まとめ

いかがでしょうか、このビールにシカゴピザ、最高の組み合わせです。

シカゴにはビールに合うご飯もビールに合うバーもたくさんあります。

夜になったらビールをハシゴして飲み歩くのもいいかもしれないですね。

もし飲み過ぎたらタクシーやuberを使ってホテルまで帰りましょう。比較的安全と言われているシカゴですが酔って歩き回るのは危険です。

こちらでシカゴ市内の人気ブルワリーについてまとめてあるので是非ご一緒にどうぞ!

美味しいビールを飲みに行こうシカゴの人気ブルワリー

-シカゴ観光

Copyright© もじゃの海外放浪記 , 2019 All Rights Reserved.